2005.02.13

〜時計-一定の、でも大きく異なるもの〜

普段どの位時計を見ますか?
あなたの暮らす空間はどんなテンポで時が流れていますか?

"時間"と一言で言っても二種類に分けられると思います。

一つは特定の'時'を示すもの。
もう一つは過ごした'期間'を示すもの。

待ち合わせの時間や普段起きる時間、寝る時間などはポイントとしての'時'を示す前者ですね。
今は当たり前に時計を眺めることで自分が今、どの'時'に居るかを認識します。
時計が無かったらどうやって自分の居る'時'を認識しますか?
太陽や月などの天体で測ります?
外の見えない部屋などに居る場合は?

人の持つ体内時計って、24時間周期じゃないんですよね。25時間だったかな?
これは季節による'一日'の長さの変化に対応するためらしいです。なんか不思議ですね。
まぁ少なくとも自分の体内時計を信じて'時'を測ることは難しいようです。

まぁ変な考えかも知れないけど、'時'なんてものは外から与えられるモノなのですよね。
目が覚めた時点が'朝'であり、眠りにつく時点が'夜'。
'昼'はお腹が空いたとき、もしくは太陽が頭の上に来たとき。夕方は日が沈むとき。
そんな、ある意味曖昧な'時'から、ほんのわずか数秒まで気にするような世界に押し込まれてしまったんでしょうかね。
現在の私たちは。

もう一つの'期間'である時間はさっきの体内時計の例を示すようにさらに曖昧になります。
たとえば10秒間だって、自分の意識で正確に測るのは至難の技です。

もっと判りやすく考えると、自分にとって好ましくない時間はとても長く感じますよね。
ところが自分の好きなことをやる時間、好きな人といる時間はとっても短い。(^^)
さらに自分の好きなことを集中して行っている時間は、不思議なことにまた長く感じてくる。

結局は'過ぎゆく時間をどう感じたか'ってコトだけみたいですね。
だから焦る必要なんてないんですよ、ホントは。
それはあなたにとっての'時間'なのであって、どう感じたかなんてのはあなたにしか判らないのです。
元々違うモノを比べて、'違う'なんて焦ってもしようが無いでしょ?(^^)

たま〜に周りから縛られない'時間'を過ごしてみると結構意外な発見があったりしますよ。
もっと自分の'時'を過ごすようにしてみたら?


細かな時間にあまりこだわらないんで、時計は大体合っていればいいって方ですねぇ。
特にいいモノを使おうって意識もほとんど無いし。

置き時計は安物&貰い物。
ビデオは録画失敗すると悲しいからそこそこ気を付けているけど。
PCの時計もそんなに狂ってなきゃいいし。
電車通勤するまでは、電車ってのは'来たのに乗る'ってもんで、待ち合わせなんかは余裕を持って動いたもんです。

ってコトで時間そのものにはあまりこだわってない。(笑)

腕時計は中学生の誕生日の時に買ってもらった..............ってかお金もらって自分で選んで買ったダイバーズウォッチをつい数年前まで使ってました。
電池交換よりベルトの交換回数の方が多かったのが不思議だったけど。(^^;
バイク(原付)で川縁のガードレールに当たって転けたときなんかも、ベルトはどっかいっちまってたのに、本体の部分だけ目の前に落ちてた。(^^)
長いつきあいだし、身体の一部みたいな感じになってたかな。

その腕時計と離れたのは別に大した理由じゃなくて、これまた誕生日のプレゼントに腕時計を買ってもらうことになったから。
嫌だった訳じゃないけど、どうしても数年に一度電池交換が必要なのが気になったのね。
だからもらった時計はSEIKOのAGSって、振り子式の発電機を積んで、腕を動かすだけで充電できるって奴。
.......結局は自動巻きの現代版なんだけどさ。(自爆)

まぁふつうに腕振って通勤するだけで十分充電されるんで、腕にはめて毎日使っている限り電池切れの心配はナシ。
電池を蓄えるのも充電地ではなくてコンデンサ..........って言っても判らないか。まぁ劣化しない方法で電気を蓄えることができる素子を使っているので、何年でも物理的に壊れない限り使い続けることができる。
ただし容量を大きく取れないんで外しっぱなしだと2週間で動かなくなっちゃうけどね。

さらにさらに、本体は全部チタン合金製。10気圧防水まであるからほぼ無敵(^^)
その無敵である条件が"使い続けること"ってのがいいよね。なんか。

ただねぇ、こいつ文字盤の正午の所にでっかく'12'って書いてあるんだよね。
別にここに数字入れなくてもいいのになぁ(^^;;;;

って、時計にはこだわっていないはずなのに、これだけ語れてしまうのはなぜだろう?(汗)

次回予告〜傘-地味なようで、以外と個性あふれるモノ〜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.10

〜気象計-自分はどんな環境で生きてるの?〜

自分がいつも過ごす場所の環境って気になりません?

気象、というか天気の移り変わりは好きです。それがどんな天気でも。
雷や暴風雨ってワクワクしたこと無いですか?不謹慎だけど。(^^;

たとえそれが快適ではなかったにしても、移り変わる四季を感じられる国にいて良かったと思います。
本当なら今の季節って一番いいはずなんですけどね。花粉症さえなければ(涙)
天気予報を見ていればわかりますが、関東だと今は最高でも20度前後。
日差しの下だとちょっと暑いのだけど、木陰にでも入れば風は涼しくとっても快適です。
夜も寒いというほど気温も下がらないので、のんびり過ごすことができますし。
4月の始めくらいはほぼ一週間おきに天気が崩れるので、天気そのものの変化も感じることができます。

っても会社にいたらそうそう外の空気や日差しを感じることができず、帰る頃にはすっかり日が暮れているって事の方が多いですけどね。

最近は家も職場も空調が整っているので、気温そのものも制御されてしまってます。
今時の家は冷暖房の効率上げるために、建物としての空気の密閉度が高くなっているので、今みたいないい季節は特に日中窓を開けて空気を入れ替えた方がいいですよ。
なんで?
人ってのは歩く加湿器みたいなもんで、密閉した中で生活するとどんどん湿度が上がっていっちゃうのです。
あまり湿度が上がりすぎちゃうとどうなるかわかりますよね?
ええ、"カビカビ"になります。(^^;
棚の裏側とか押入の奥とかそりゃもー真っ青に。(^^;;;;;

どの位とかはっきり判りませんが、60%切るようにしておけば大丈夫じゃないかと思います。
逆に40%位になっちゃうと乾燥しすぎみたい。

まぁ快適な環境で楽に過ごしたいってのも判るけど、暑さ・寒さとか日差しを体に覚え込ませておく位じゃないと、逆に抵抗力落ちちゃいますよ。
日光が体にいいのは良く知られてますよね。だからといって直射日光じゃ今度は紫外線が怖いんで、木陰でのーんびりってのがいいですね。

あぁ、のんびりしたい。(笑)


気象計ってどんな物だか知ってますよね?
通常の温湿度計にさらに気圧計が追加されたものです。
別にアメダスとか百葉箱って言っている訳じゃないです。(^^;

温湿度計は1000円位で転がってますけど気圧計がつくともうちょっと高くなります。5000円位かな。まぁそれでもその程度です。

本当は湿度計もなんだけど、気圧計も使用する所に持って行ってから校正をしてあげる必要があります。
高度が変わると狂っちゃうからね。正しい値を示すように調整し直すの。
まぁ気圧計は上がったか下がったか、その幅はどの位かって変化量が重要なのでそこまで神経質になることはないと思います。
湿度計の方は良くあるタイプだと、濡れタオルでくるんでしばらく置いたときの値が100%になるようにしておけばいいらしいです。

で、しばらく自分の生活するところに置いて、どんな様子だか眺めてみましょうよ。
朝晩の気温の落ち具合、部屋にしばらく居るときの気温と湿度の上がり方。
天気が崩れるときの気圧の変化。
気象計と窓の外を一緒に眺めるとちょっと面白かったり。

いちばん良く判るのは'どの位になると自分が不快に感じるのか'ですね。
思ったより我慢強かったり、意外なほど暑いのに弱かったりと、客観的に自分の感覚を知ることができます。
私は以前は暑くても湿度が低ければ大丈夫だったんだけど、最近は気温が28度位になると思考が鈍ってきますね。
軟弱になったもんだ。(^^;
#ちょうど会社がその環境だってのがもっと悪い。(笑)

部屋にある気象計で天気の予報までできるかって言うとそれはちょっと難しいです。気温と湿度は外気とは違うしね。
気圧変化は単位時間当たりの変化を見ていないとダメだから、ずーっと眺めてないとダメだし(^^;;
その辺りを計算して教えてくれる電子式の気象計もありますね。

数字で教えてくれるデジタル式の気象計もありますけど、せっかくこだわるならアナログ式にしましょう(^^)
だれも湿式の湿度計にしてお水の面倒見ろとまでは言いませんから(^^;;
ちょっと凝ったのになるとインテリアとしてもなかなか見栄えのいい物もありますよ。

気象計ってモノひとつで、天気や気候っていう周りの世界を見ることができるなんていいと思いません?
たまには外へ出て空を眺めてみませんか?

次回予告〜時計-一定の、でも大きく異なるもの〜
01.04.25

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.20

〜PC、この不思議なモノ〜

PC。パーソナルコンピュータって、もはや当たり前の物になりましたね。安くなったし。

PCの歴史の話をするつもりはありませんが、'考える機械'がこの世に現れてまだ100年も経っていません。本格的なものは25年くらい?
個人が簡単に入手できるようになったのも20年位でしょうね。
30歳台位の人はBASICマシン乱立期を良く覚えているはずです。(^^;

私も同じくらいの時期にPCという物を知り、それ以来積極的ではないにしろ使い続けてきたのですが、不思議なモノだと思いません?PCって。


今でこそやらなくなっちゃったけど、学生の頃はプログラミングとか毎日のようにやってました。趣味で。
#大したもの作ったワケじゃないですが。
プログラミング言語とかも面白がっていくつか試してみたのですが、極端な話をするとどの言語を使っても変わらないんですよね。
自分が行わせたいことがあって、それをどう表現するか。その程度の事な訳です。言語によって得手不得手があるのはもちろんですが、そこは判った上で使えばいい。
例えるなら行きたいところがあって、そこにどんな乗り物で行くかという位の事です。早いか遅いか、どんなルートで行くのか、お金はかかるか。
でもどんな手段を使ったとしても目的地には着きます。それはみんな同じ。

'どんなコトをやらせるか'があって初めてプログラムを組むことができるんですよね。
語りたい物語があって本を書く、見せたい風景があって絵を描く、同じ様なものです。
#ちと強引ですが(^^;

'PCを使う'ってコトも同じですね。やりたいこと、やらせたいことがあるから使う。
#だから、'PCが使えるようになりたい'とか'プログラムが組めるようになりたい'って言葉は結構不思議だと思うんです。
#わたしとしては。


とか考えるとやっぱ不思議なモノなんです。PCって。
'目的'が存在しない限り意味を成さないモノ。
'目的'が存在して初めて役に立つモノ。
しかもその目的は基本的に自由。
能力的な制限はつくけど、行わせようとすることの種類に関する制限は付きません。
#あ、いやもちろんPC自身に空を飛ばせようってのはちょと厳しいですが(^^;;

ある意味夢のハコですよね。
しかしただ所有しているだけじゃ夢はおろか置物にしかならない。

不思議で、楽しいモノだと思いません?(^^)


自分で買ったPCは富士通のFM-16βが最初でした。(笑)
夏休みにバイトしてためたお金でね。(^^)
その時のNECはPC-9801Mが出たところで単純に性能比較すると富士通の方が上だったんですよ。
一瞬だけ。(笑)
すぐ後に出たPC-9801VMがNECの天下を作ったのは、'パソコン'って言葉になじんでる方なら良く知っているはずです。(涙)

まぁ最初はOSがCP/M86だったんだけどMS-DOSも出たから、それほど困りはしなかったけど。
#...........って何かすごい昔話をしているような気になってきた。(大汗)

Macはその時まだPlusとかかな?もちろん学生には買えるはずもない値段でした。
#Macを買うか車を買うかが冗談じゃない時代(^^;
知り合いが持っていて、いろいろ見せてもらったんで興味はあったんですけどね。

結局会社入って数年経ってからでした、Macを買うことができたのは。
その時でもものすごい値段してましたからねぇ。今にすればよく買ったもんだ。
買ったMacはIIcx。68030の16MHzでメモリが4Mって........ちょっと前のPalmと変わらないじゃん。(T_T;

特に何に使うって訳でも無かったけどいろいろ遊んだなぁ。
学生の頃はプログラミングやってたのに、Mac買ったら欲しいプログラムはだいたい存在していることに気がついて作らなくなっちゃいました。(^^;;;;;

Macの環境が自分に合ったんだと思うけどそのままずーっとMac使い。
処理性能がどうのとかグラフィックがどうのとかって関係なかったし。

それからしばらくしてPowerBookの140を購入。ノートと言うにははばかる大きさと重さだったけど、会社に持っていって使ってました。

IIcxもPBもだけど、本体のデザインをやっているのがフロッグデザインという所で、このデザインセンスが大好きでした。
今じゃ当たり前になっているノートPCの"手前にパームレスト、まん中にトラックボール/トラックパッドがあって奥にキーボードがある"ってデザインは初期のPowerBookが定着させたものなんですよ?知ってます?(^^;

次に買ったのがPowerBookの180。これも会社に持っていくのを基本としてあちこちで使いました。
移動して使うマシンでバッテリーの保ちと引き替えにカラーにする気は無かったのでモノクロ。でもTFT液晶でとっても綺麗(^^)
かなりの間PB180をメインにしてました。性能的な話もあるけどデスクトップが休眠状態に(^^;;;
自分の環境を移動して使用できるのはやっぱ便利です。
バッテリも頑張って1時間ちょっとという状態だったけど頑張って使いましたよ。
ほとんどパソコン通信がメインだったので、あんま困りませんでしたねぇ。

PowerBookG3には興味はありました。十分な広さの液晶と十分なパワー。デザインも好きだし。
但し今まで使っていた資産があるので、SCSIポートは欲しかったんですよね。
それに値段も高い。(^^;

FireWireのPBG3が出たときに、"これは買い替えの人がいるに違いない"って考えて探した結果、某有名Palmware作家からPBG3の99年モデルを譲りうけることに成功しました(^^)
#本人は"そそのかされて奪い取られたんだぁ"って言うに違いありませんが。

えー。Mac使いの方は良くご存じだと思いますが、新型に心が動いたり買い替えたりすると、それまで使っていたマシンが突然調子悪くなるんですよね。拗ねるんです。ええ。(^^;
PB180もPBG3を本格的に使いだしたら途端に調子悪くなりました。起動しなくなるわフリーズするわ。
メモリの不調って持病持ちだったんで、とうとう来たかって感じでした。
開けていろいろ調べてみたけど、結局原因は不明。でも中をよく見てみると、基盤を支えている支柱の大半は折れているし、あちこちくたびれて、"よくぞここまで保ってくれた"って感じでしたね。
自分の後を引き継ぐモノが現れて、"後は任せた"って力尽きたんでしょうか。(^^;;
ご苦労様でした。ありがとね。(^^)

PBG3もやはり会社まで持っていってます。引っ越して通勤時間が長くなったんでちときつい、ってかいい運動になります(^^;;;
私の使い方ではボディの丈夫さとか液晶の広さとか性能とかバランス取れていてとても気に入ってます。自分がやりたいことがこのマシンじゃきついって状態になるまで使いつづけるつもりです。

でもね。Cubeもいいかなって思うんですよ..........(^^;;;;;;

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.12.13

〜TV-見たい時と見てしまう時〜

TVって本当に便利。

うちのお袋なんかTV見ながら良く言うんですよね、'家に居ながらにして世界のどこへでも行った気分になる。こんな有り難いことはない'って。

世界中のいろんな事や、自分じゃ見ることのできない風景を見させてくれる。退屈なときはとりあえずつけておけば気を紛らすことができる。
引っ越してケーブルTVなんか入れたもんだからチャンネル多すぎて番組判らないくらい。(^^;

自分で見たい番組があって、それを見ているときは別にいいんだけど、適当につけておいた時に思わず見ちゃったりとか、つけっぱなしで作業をしているときに手が止まっちゃうとかって事はない?

当たり前と言えば当たり前なんだけど、TVは映像と音と両方を送って来るものだから、注意が完璧にそっちに持って行かれてしまう。
何かをしながら見るって事がやりにくいのね。これがラジオなら目の方は空いているから何かをやりながらって事が可能になる。勉強も本を読むのも遊ぶのも。(^^)

用がないときは消しておけってのももっともな話なんだけど、何となくつけっぱなしにしちゃってる。
何でだろうね?(^^;;

私の場合はニュース、モータースポーツ、音楽番組を主に見ているので、バラエティーとかは殆ど見ない。
だから結構退屈な時間帯とかできちゃうんだよね。でもその後に見たい奴があるとか、消しちゃうと寂しい(^^;;とかでそのまんまにしてるかな。もちろんチャンネルはいろいろ変えるけどね。

ちょっと試してみて欲しいんだけど、特に見たい番組でなくてもTVをつけたままにしている1時間と、TVを消して過ごす1時間とどれだけ時間の進み方が違って感じられます?
#想像以上にTVの無い1時間って長くないですか?

なんか.........時間って大切にしよう。とか思わず考えちゃうのでした。(笑)

モノとしてのTVはあまりこだわっている方じゃないかなぁ。
会社入っていい加減なモニタで目が悪くなりかかったトラウマでブラウン管だけはこだわってるけど。(^^;;
#基本はトリニトロン。

ワイドTVとか大画面とかって事もないし。14型のちっちゃなTVです。

最低限必要なところがクリアされていれば後は中身の映像を気にするだけだからねぇ。画面が大きかろうが小さかろうが出ている画やストーリーに差はないでしょ?
その程度。

関係ないけど最近の平面ブラウン管って違和感ありあり。どうにも凹んで見えちゃってしょうがない。(^^;
なんかちょっと衝撃与えると"べこっ"って割れそうで怖いし。

ブラウン管って中は真空だからね。割れると爆発じゃなくて爆縮ってのが起きて、内側に飛んだ破片が内側の網(シャドウマスク)に跳ね返って外へ飛び出したりする。
それとブラウン管が真空で歪まないように周りの部分に金属の帯があって強烈な力で締め付けている。
最初に割れた後に金属帯の圧力でまた割れてゆくのね。'ぴしぴしっ'って音を立てながら。

いや、学生の頃に工場実習で試験をやっているのを見させてもらったことがあるのよ。静かな地下室でブラウン管がぴしぴし音立てて割れていくのを見るのは怖かった。(^^;;;


最近は液晶使った薄型のTVとかもあるけど、部屋に置くときにかえって困らないかな?
棚とか部屋の隅に置くのでもそこそこ奥行きがあった方が収まりがいいような気がするんだけどね。
TVをかける壁を空けておくような余裕もないし(^^;
まぁ浸透してゆけば生活そのものが変わっていくだろうから困らなくなるのかな?

ケーブルやBSデジタルなんかで見ることのできるチャンネルも増えるけど、作る側も見る側も能力に限界があるわけだからほどほどがいいんではないかと思う。チャンネル増えた引き替えに内容薄い番組見させられてもかなわないしね。

まぁ自分で入ってくる情報の選択をきっちり行えばいいんだけどね。
TVに限らないか。これは。

次回予告〜PC、この不思議なモノ〜
01.1.25

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.05

〜車-移動の手段か楽しむモノか〜

あなたは免許を持ってます?車は?

車に乗って出かけることは楽しいですか?疲れますか?


いきなりだけど車に乗る人って2タイプあると思うんですよね、大ざっぱに分けて。
タイトルにあるように、目的地に行くための移動手段としてだけ使う人と、車に乗ることそのものが楽しみな人。

車を移動手段としている人は、運転そのものはあまり楽しくない。だからその時間をなるべく快適に過ごそうとする。ATだってカーナビだって、ステレオも楽にするための装備。

車に乗ることを楽しむ人は運転そのものが目的だったりするから、楽な装備は余計な物だったりする。
もちろんあっても困りはしないだろうけど、無くてもいいのね。お金をかける対象でもないし。
ハマるとひたすら乗り回したり、寒い中オープンで走っちゃったりしていますよね。(^^;;
#オープンは冬よりも夏の方がつらい。らしい。

ってずいぶん断定的な書き方しちゃったけど。
私はやっぱ乗ることを楽しんでますね。お金かけて改造なんてしないけど、普通に買い物に出かけるときでも楽しめる事っていろいろあると思います。
あれだけの大きさのモノを自分の思ったように動かすことができるんだもん。やっぱ楽しいと思うぞ。

でもそこで忘れちゃいけないのは、それだけの大きさのモノを操ったからって自分が偉くなった訳でも強くなった訳でも無いって事。
たまぁにいるでしょ?自分が王様か何かのように"そこをどけ"って感じで走っている人。
逆に簡単に人を殺してしまえる力を手にしている、って事を恐れないといけないんだけどね。
自分でも忘れてることが多い。いかんいかん。

私が乗っているのはフォルクスワーゲンのGolf。今の一つ前のタイプなんだけど気に入ってます。

何でこの車にしたか?実はとっても深いワケがあります。(笑)
.........って程でもないんだけど、はるか昔。小学生の時に通学で必ず会う車があったのね。ベンツとGolf。
後ろのトランクの出っ張りがない車って珍しく感じたらしくて、'何か面白い形の車だなぁ'って見る度に思ってた。
で、そのまま刷り込まれちゃったらしい。(笑)

自分でようやく車が買えると思った時、考えたのは大人4人が何泊かの旅行を出きるだけの荷物を積める車。すると普通の車じゃちょっと狭い。

ちょうどステーションワゴンが流行り始めた頃で、これが結構いい値段してたのよ。

で、ふと我に返って'金額があまり変わらないなら好きなの買っちゃえ'とGolfに決定。(笑)

さらに決定的だったのはディーラーの人の対応でしたね。
原付で乗り付けた怪しげな若者(?)がいきなり試乗させろと言ってきたのに対し、'どの位で戻られますか?'って言葉と共にキーを渡してくれるのね。
てっきりおにーちゃんがくっついて来るもんだと思った私は'ヘ?'って驚きましたよ。
戻ってきて話をすると、'車を売ろう'じゃなくて'いいものだから気に入って欲しい'って姿勢なのが判るのね。
話し込むとどうにも車好きの会話だし(^^;;
そんで気に入っちゃいました。その後会ったディーラーの人たちも車好きばっかり。
いい感じです>ファーレンの方々

で、実際自分でGolf乗るようになって思ったのが、'やっぱ違う'なんですよ。いや、贔屓じゃなくて。

特に飾ったところとか目立つところはない。はっきり言って地味だし。
でもドアを閉めたときの音は良かった。当時の国産高級車の比じゃなかったような。

ヘッドライトのスイッチからエアコンのスイッチ、ウインカーのレバーに至るまで地味なんだけどそれなりの理由があるぞって感じの物になってるのね。
気づいて感心したのが間欠ワイパーの設定方法。一回動かして、次にまた動かすまでの時間が作動時間。
'どの間隔で拭きたいか'がそのまま設定できるんで判ったときにはびっくりした。何でこれ標準にならないんだろ。

シートも硬いけど疲れないね。腰も痛くならんし。
乗り心地そのものは決して良くない。足周り固いしうるさいしね。
MTなんでクラッチは重いしシフトも入りにくい。
きちんきちんと扱ってあげないとうまく行かなかったりするんだよ。'ここはこうやるんだ'って教えられているようで面白かった。でもしっかり扱ってあげるとその分応えてくれるし気持ちいいのね。

もちろんもっと良い車があるだろうってのは良く判る。最近の国産車なんかはかなり良くなったし、あべこべ今のGolfが中途半端に高級化して国産車みたいになっちゃっているし。
でもあの車に出会えたことは良かったと思っている。ほんとに。

まだもうちょっとで10万kmって位しか乗っていないけど、ダメになるまで乗らせて頂きますよ。日本中回ってやる。(^^)

ずいぶん遅くなっちゃいました。ゴメン。
次回予告:〜TV-見たい時と見てしまう時〜
01.1.22

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.11.28

〜ナイフ-武器?道具?〜

私の趣味はナイフです。


と、言うとまぁほとんどの人が一瞬引いてくれます(笑)
んで、"あぶなーい"と言ってくれる人が約半数。

近年の間違った犯罪者のおかげですっかり悪いイメージが定着してしまいました。(^^;;
なんかねー、一人薄暗い部屋で"しゅっ、しゅっ"ってでっかいナイフ研いでいるみたいに思われるんだよね。
で、刃先をさわって、"にやりっ"って。(笑)
#映画何かだと上半身裸なのはなぜでしょう?(^^;

いや、確かに研ぐんだけどね。メンテナンスしないと使えないから。


ナイフって聞いたときに"武器"って認識する人はいっぱいいます。現にそーゆーナイフだってあるわけだし。
でも本質は"道具"なんだよね。'切る'って目的に徳化した。
包丁も同じ目的なんだけど、"調理"って用途があるから危ないと思われない。
刀は逆に"武器"であるはずなのにすでに目的がなくなって美術品になっている。
中途半端というか、用途が明確に定義できないからイメージしやすい"武器"に繋げられちゃっているんだと思うんだけどね。ナイフって。
逆の言い方をすると、限りなく広い用途を持つ"道具"だと思うんですよ。

"物を切る道具"って、そりゃ昔から必需品でした。人の世の始まりからあった道具なんじゃない?
まぁそこまで遡らなくても私ら(ってもっぱら30代以上か)はガキの頃いろんな物を切ったり削ったりして遊んでましたよ。"肥後の守"や"ボンナイフ"はある意味お宝じゃありませんでした?>ガキだった方々
紙を切っておもちゃ(のようなもの)を作る。木を削って道具(のようなもの)を作って遊んだり、それこそ真面目に工作したり。たいていその中で怪我の一つや二つするもんです。
良くやったのが木を二つに割ろうとして縦にナイフ入れて自分の指までぱっくりやっちゃうのね。これがけっこう痛かった。(^^;
でも子供の力じゃひどい怪我なんかそうそうできなかった。でも痛さは人並み。"刃物は怖い"って思い出も残る。自分の身をもって痛さを知っているんだから、人に向けたり振り回したりなんてするもんですか。
刺したら痛いんだよ、あんた。血も出るし。(^^;

そーゆー"痛さ"を知らない奴がナイフを持つと使い方知らないから"武器"にしちゃうんだろね。
危ないからって取り上げちゃった大人にも責任はあると思うのよ。自分たちが使い方知らないからって子供にまで押しつけちゃったらそりゃダメでしょ。

...って愚痴ってても仕方ないね。(^^;;;
せめて自分や自分の子供(いないけど)には痛さを知って正しく道具を使う術を教えたいもんだと思います。

こーゆー話ばっかり書きたかったわけじゃなかったんだけどなぁ。(^^;;
マニアックな話に入ろう。(笑)
刃物ってーと鍛冶屋さんが槌を振るって作る打ち刃物ばっかだと思うだろうけど、現在は一つの材料を削り出して作る物がほとんどです。和包丁以外はだいたいが一種類の材料から出来てます。

ナイフも同じ。この世界では神様と呼ばれる'R.W.ラブレス'と言う人がヤスリで削り出して作るナイフの基礎をつくりました。(この人の作るナイフは一本100万円したりするんだな)
それまでは鍛冶の技術が無いとそうそう作ることができなかったんだけど、何つっても材料をヤスリで削って形を作るだけでナイフが作れるもんだから、ナイフ作家と呼ばれる人が結構たくさんいるのです。
#正しくは'カスタム・ナイフメーカー'ね。
半分くらいは自分で使うためのナイフを作るうちに、人から'いいじゃん、それ。作ってよ'なんて頼まれていつの間にかカスタムメーカーになっちゃった人だったりするけれど、最近は美術系の学校を出て、工芸品としてナイフを作っている人もいる。

日本人にもいっぱいいるんだよ。これがまた。
女性の作家もいて、海外でものすごく高い評価を受けてたりします。
そーゆー人たちが自分のナイフを展示即売したり、カスタムメイクのオーダーを受けたりするナイフショウなるものが、年に数回開催されているのです。
ここでは有名なカスタムメーカの人と話が出来たり、自分じゃ買えないようなナイフを触ったり。特別に安く出ているナイフを買ったりすることができて、ナイフ好きにはたまらなかったりするのだ。(^^;

#そーいや毎回必ず見かける革ジャン、皮パン、鼻ピアスのおにーちゃんがいるんだけど、
#彼もマニアなんだなぁ。(笑) いや、作家の人との話を聞いてるととってもミーハーなのよ(^^)

そんな場所で買ってしまったナイフが数本。それ以外に普通のショップとかで買ったナイフが10本あるかな?
'そんなに沢山何に使う?'って聞かれりゃ両手を上げるしかありません。はい、こんなには必要無いです。(笑)
んでも手にした時に'これは使える'って思ったり、'これで何してやろう?'って思えるナイフってやっぱ欲しくなっちゃうのよ。
大体が刃渡り5cmもないデスクナイフなんだけどね。

ほんとーはなぁ。"あの"ナイフが欲しいんだ。
私が最初にナイフショウに行った時。おそらく日本でのナイフショウの走りだったはずだけど、何とラフォーレ原宿の中でやっていたのだ。(^^;

#そんな洒落たところに行くのは初めてだったもんで、原宿の駅で'どっちだ?'って悩んでいた時に
#いかにも不似合いなアウトドア風のおじさん達がやっぱきょろきょろしながら歩いていったんで、
#その後ついて行って無事たどりつけました。(笑)

そこのなかで出店していた外国の人が置いていたフォールディングナイフ。いわゆる折り畳みナイフなんだけど、これがねぇ。たまらなかったのよ。
え?何がって?刃の開け閉めのときの滑らかさと、吸い込まれるように"カシッ"とロックされるアクション。
閉じた時も開いた時もバランスの取れた形。ううっ。
もう10年も経つのかなぁ。その時の感触を手が覚えてます。(笑)
あの頃ならまだそんなに高くなかったんだろうから、買っておけばよかった.....(大後悔)
その感触を求めてナイフショウをさまよっているとも言う。

..........やっぱ危ない?(^^;;

思わず長くなっちゃったなぁ。
次回予告"〜車-移動の手段か楽しむモノか〜"
00.12.19

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.21

〜便利なモノと便利でないモノ〜

おっさんみたいなコトを言うようで悪いけど、ホントに世の中便利になったもんです。
自分が子供の頃と比べても、激変していると思いません?
いろいろ便利なモノができてくれたおかげでずいぶん楽になったよね。
そのコトを否定するつもりは無いんだけど、やっぱひとこと。

お題ですが、"便利でないモノ"。不便なモノじゃなくて。そこのところはちょっと注目。(笑)

便利なモノを使って楽になるのはいい事だと思います、いやマジで。
でもそれにも程度ってものがあると思うんですよ。際限無く便利になってゆくのはちょっと違うんじゃないかなって。
そこそこ便利なモノを自分で工夫して自分なりの使い方をする。そーゆーのが好きなんです。私は。
だから工夫のしどころが無いくらい便利なモノは、そのモノに使われちゃっているような感覚になるので嫌い。
それを"こだわりすぎ"とか"マニアック"とか言われても、嫌いなものは嫌いなんだもん。(^^;

なんて言うかな、工夫をしているところに"使っているんだ"って感覚を求めているんだと思います。
この感覚が判るあなた。あなたはマニアです。(笑)

でもね、だからと言って不便なモノを無理矢理使う気は無いんですよ。あまりに使いこなしに苦労するモノは使いたくないって言うか。だから、"便利でないモノ"が好きなの。(^^)
やりたいことはそのモノを使っていろんなコトをしたいのであって、モノを使うことそのコトが目的なのでは無いのだもの。
濃いマニアになると使うことそのものが目的になっちゃっているような。
どーでしょ?(笑)>濃ゆいマニアの方

だからモノを手に入れるときの選択基準は、"自分の感覚に合って、便利で無いモノ"なんですね。大体は。
やっぱこだわりすぎ?(^^;

次回予告。〜ナイフ-武器?道具?〜
00.12.11

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.15

〜こだわりのあるモノとこだわりのないモノ〜

初めまして。ゆず倉こと入倉です。他の方々がみ〜んなハンドルなんで一応名乗りましたけど入倉でいーです。(^^;;
#殿下ってのは某所で付けられているあだ名なんで自分では名乗らないの。

今回Palmにとらわれずにコラム?を書いてほしいって事なんで、自分の身の回りのいろいろなモノについて自分なりの雑感を書いて行きたいと思います。
"物"でなくて"モノ"にしたのは、実際に存在する物に限定されないための逃げ道です。
このようなお題にしておけば、少なくとも自分が使っているモノが尽きるまでネタに困ることは無いでしょう。(笑)

で、まずは考え方とかいろいろ。
皆さんもいろいろなモノを持ったり、使ったりしてますよね?
何でそれを買い、使うようになったんでしょう?
安いから?便利だから?みんな使っているから?カッコいいから?
いろんな理由がありますよね。多分。
中にはなんでこんなの持ってるんだろう?なんて不思議なモノもあったりします。いやきっとあるに違いありません。(笑)
まぁ知らぬ間に現れたモノはともかく、自分で選んだモノについてその理由を自分なりに考えてみたくなったもんで。私の感覚が一般的な物だとは"絶対"思っていないので、"そりゃヘンだよ"と思った人は容赦なく突っ込んで下さい。
#モニタに向かって。
#私にツッコミに来ないでね(^^;;

って、ここまで書いて気がついたけどえいもんとネタかぶってるんじゃない(^^;;
まぁいいか。面白いと思う方を読んで下さい。
#こだわりは強くてもマニア度は低いと思うから。私。
#そのうちネタぶつけてみても面白いかも。(^^)

まぁ自分でこだわっているモノから出していくことになると思います。こだわっているモノって語らせると長いから。(^^; 愛着も強いしね。
でもこだわらないモノについてももちろんネタにします。何でこだわってないか、自分がこだわらないモノが何なのかって考えるにもちょうどいいし。

まだ実際のモノについては書きません。いろいろ書きたいことがあるもんで。

次回予告。"〜便利なモノと便利でないモノ〜"
00.12.07

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.11.14

ドキュメント掲載

長らく放りっぱなしにしてましたが、ちと手持ちのドキュメントを掲載して行こうかと思います。
あんま意味あるかってのは謎だけど。

| | Comments (1)

2004.07.05

トラックバックのテスト

本家の方のトラックバック表示等の確認をするためのテスト。

| | Comments (0)

«もうサービス始まってたのね